BLOG

臨店講習の様子や弊社の活動についての記録をご紹介します。

こんばんは!keigoです。
突然ですが、ヘアセットスキルをあげたいと思っている美容師さんに質問です。あなたがお客様に施術する「ヘアセットにかかる時間」は何分でしょうか?私のサロンでは、「長くても20分」で完成させるようにスタイリストを育成しています。それはなぜか?について書いていきたいと思います。



ヘアセット施術時間をなぜ短縮する必要があるか

最初に結論から言うと、ヘアセットの施術時間を短縮する必要がある理由はひとつで、「セットしに来るお客様はその後必ず予定があるから」です。カットやカラーのお客様は仕事帰りなど家にそのまま帰宅する人もいると思いますがセットしに来るお客様は違いますね。必ず出掛ける予定の前に来ます。しかも、大体「大事な用事」の前に来店されます。
例えば結婚式の列席や、楽しみにしていたコンサートや舞台鑑賞の前や、もしかすると大事なお見合いの前に来るかもしれません。なので施術が早いことにこしたことはありません。もちろん、言うまでもなくクオリティも担保した上で、施術時間を短縮する必要があるということです。




セットサロンは1分1秒が勝負の世界

僕の場合はサロンワークに出る際は、歌舞伎町のキャバ嬢さん達をヘアセットする事が多いので、出勤時間に遅れると罰金を取られてしまうのでそうしないためにも全員遅刻させないために毎日戦争ですw
5分で終わらせる子も中にはいます。2分待たせてる間に間に合わないと言って帰ろうとする子もいるくらいの中、安心させるために「絶対間に合わせるから!」と声をかけ1分1秒を争っています。なのでスピードには絶対の自信があります。もちろんクオリティを低下させずに、が大前提です。




なぜお客様は美容院ではなくセットサロンを選ぶか?

そもそも、なぜお客様はいつも行き慣れている美容室ではなく、セットのときだけセットサロンを選ぶのでしょうか?実際にお客様から聞いてみた声をいくつかPickUpしてみるとこんな感じです。
「遅い、高い、下手」・・・。
少し辛辣なご意見ですが、これがお客様の「美容室のヘアセット」に対するリアルな経験であり、イメージでした。
大事な予定の前に髪が決まらなかったらその日1日台無しになる、なんてくらい大事なヘアセットなので、歌舞伎町という本来あまりイメージが良くない場所でも、完璧なヘアセットを求めて、毎日たくさんのお客様がいらっしゃいます。
家が新宿の近くでなくても、用事が新宿から遠く離れていても、わざわざ来店するのは、、やはり「失敗したくない」という思いが強いようです。お客様目線でいうと、本来ならば、いつも行きなれているサロン、もしくは、行きなれていなくても、目的の場所の近くや自宅の近くのサロンでヘアセットができたらいいですよね。まだまだ美容室のヘアセットは伸びしろしかないと思います。
ヘアセットで某メディアで悪い口コミを書かれた経験があるサロンさんや、そもそもヘアセットをメニュー化はしているけど全然オーダーがない!というサロンのオーナー様は、一度クオリティと施術時間と価格のバランスがあっているかをカウンセリングさせていただきますのでお気軽にご連絡ください。




「時は金なり」早さとクオリティを担保する方法

繰り返しになりますが、私が教えているセットは長くても20分以内には出来るようにしてもらっています。20分超えたらめちゃくちゃ上手なスタイルができても基本的にはアウトです。スピードを身につけましょう。これに関しては反復練習あるのみです。
LEAROの講習では、技術の講習から、練習でのスキルの装着、振り返りやアドバイス、さらにお客様に、「よりご満足頂くために」時間短縮をするコツをお伝えしています。
是非、「ワンランク上のヘアセットスキル」を学んでヘアセットに自信が持てるようになりましょう!




関連記事一覧