BLOG

臨店講習の様子や弊社の活動についての記録をご紹介します。

こんばんは!ヘアセット講習LEARO 講師の加藤圭悟(@learo.tokyo)です。
先日、Instagramでヘアセットに関する質問を受付けましたが、多数のご参加を頂きありがとうございました。
抜粋して回答させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。
ヘアセットに限らず、こういったみなさんの「悩み」を、専門家が回答する場として、敷居を最大限に下げるためにSNSで募集させて頂きましたが、私は単純にたくさんの美容師さんと交流できることが嬉しいですし、みなさんがどういった悩みを抱えているのか把握する機会を頂けてありがたいです。
今のところ不定期でまたInstagramで募集しようと思っておりますので、ヘアセットで悩みを抱えている方は、是非参加してみてくださいね。

では、今回は、募集した悩みについての回答をまとめていきたいと思います。
同じような悩みを抱えている方の解決の糸口になればと思っております。

今のヘアアレンジのトレンドはルーズでOKですか?

回答:ルーズなスタイルが流行ってはいますが、そのルーズさもダルダルでもよくないですし、ピニングはしっかりと留まっていないと崩れてしまったりと、ニュアンス作りもなかなか難しいですよね。

ルーズなスタイルのオーダーをいただいた時は、トップは波ウェーブやコテ巻きを使ってルーズにして、サイドはあまりルーズすぎると膨張して大きく見えたりするので、適度にタイトさを持たせるとバランスが良くなると思います!

ピン留めが難しくヘアセットをしてもゆるゆるになりがちです。コツはありますか?

ピン留めといってもたくさんのピンがありますが、1番使用頻度の高いアメリカピンを使う場合のコツとしては、留める部分と地肌がしっかりついていること、アメリカピンは挟める幅が少ないので、折り返しの部分の始まりをしっかりと捉えると留まります!

ヘアセット講習店様にお渡ししているカリキュラムの基礎パートでもピニングのパートを作っていますが、YoutubeやInstagramでもピニングのコツなど基礎の部分も発信していければと思っておりますので、お楽しみにしていてくださいね。公式LINEをご登録頂ければ更新通知が飛ぶようになりますので是非ご登録をお願いします!→こちらです。

ヘアセット講習は何回くらい受講すれば上達しますか?

そうですね・・・完全に人によるのでなんとも言えないのが正直なところなのですが、今までの生徒さんの多くはペースとしては月1くらいで受講して頂き、平均3回ほどで1スタイルは形になっています。基礎技術はそこそこで、スタイル作りをしたい!という方もいますが、基礎がしっかりできていないとスタイルの応用ができないので、私の講習では、ヘアセット初心者の方には特に基礎練習に時間をかけています。逆を言えば基礎練習がしっかりできていれば、どんどん色々なスタイルが作れるようになりますよ。

出来ない髪型をオーダーされた時の交わし方を知りたいです!

私の場合、複雑で難解な髪型をオーダーされたりなんらかの事情でオーダー通りにできない場合は、まず全くこの通りにはならないということをお伝えします。そのかわり「絶対に可愛くするので安心してください」といって施術しています。
理由として、崩れやすかったり時間がかかったり、など、発生しうるであろう理由もしっかりとお伝えします。もしくは画像をお見せしながら、この部分はこっちの方がオススメ、などと言って徐々に誘導していきます。

中には「絶対にこの髪型じゃないと嫌!」というお客様もいますけどね・・・!
そういった時に困らないように&苦手意識をなくすために受講されている方も多いですよ!

以上、Instagramでも質問コーナーを抜粋させて頂きました。

 

関連記事一覧